小川歯科医院|福岡市東区和白丘

新しい知識と技術で「安心の歯科治療」をご提供いたします。

42851

HOME ≫ ブログページ ≫

Blog

やましろ歯科口腔外科に見学へ・・・😊

S__14237700

皆さん、こんにちは!

昨日、日頃からお世話になっている「やましろ歯科口腔外科」に見学に行かせて頂きました😊

山城先生は、口腔外科の先生で小川歯科で対応できない親知らずの抜歯などを請け負ってくださっています。帰ってくる患者さんの良い反応を見て『いつか、見学をさせて頂きたいっ!』と思っていました✨

山城先生のテクニックは勿論、医院の雰囲気やシステムも大変勉強になりましたし、何より皆さんの患者さんの寄り添う姿勢がとても印象的でした。

紹介させて頂いた患者さんが『とても良かった』と仰るのがすぐに分かりました😆

学ばせて頂いたことを、今日からの臨床に活かしていきたいと思います!

山城先生、ありがとうございました!

2023年06月08日 08:39

日本歯周病学会@香川

S__14164058
皆さん、こんにちは!
先週末は金曜日の午後からお休みを頂き、日本歯周病学会に参加してきました。
香川での開催だったのですが、学生の頃訪れて以来の香川でした🚅
久しぶりの現地参加でしたが、色々な先生方にお会いすることができ多くの情報を頂きました😊
やはり、オンラインではない良さがありますね✨
勉強した知見を、また明日からの臨床に活かしていきたいと思います!
2023年05月31日 11:18

読んだ論文からシリーズ📖

STUDY SELECTION.001

カルカック先生が提示された、インプラント周囲炎の外科的治療における再生療法の併用について言及されている6つのRCT(ランダム化比較研究)について読んでいます📖

今回は3本目。前回に続いて、クリスチャンスタッド大学グループのDr.Stefan Renvertの論文です。ここまで3本ともスウェーデンの論文ですね🇸🇪

この論文は、インプラント周囲炎の治療における骨補填剤を使用した場合としなかった場合とで、レントゲンにおける骨レベル(1年後)を評価したランダム化臨床研究です。

BL(骨レベル)の変化に関しては、骨補填剤の使用との相関性が見られました。ただし、BLの評価については骨補填材を用いた結果なので、要注意です☝️

インプラント周囲炎の治療結果の評価において、主要評価項目であろうと思われる「PPDの変化」や「BOP」に関しては、PPDの変化に関しては骨補填材を使用した場合、有意に減少していたものの、BOPに関しては有意差がなかったとのことでした🤔

1本目2本目は、インプラント周囲炎における外科療法において、再生療法は「PPDの変化」と「BOP」の点において有意差はないということでした。しかしながら、この3本目の論文ではPPDの変化という点においては、有意に改善していた様です。

3本の論文を通して、インプラント周囲炎における外科療法において、再生療法の有無は「BOP」の減少という点においては有意差がないと言えると思います。

カルカック先生のスライドには、『PPDについても有意差がなかった』と書いてあったのですが、どういうことなんでしょう。。音源を聴き直して、更なる復習をしたいと思います💦

次は、4本目の論文にいこうと思います😊

2023年05月25日 09:03

読んだ論文からシリーズ📃

STUDY SELECTION.002
カルカック先生が提示された、インプラント周囲炎の外科的治療における再生療法の併用について言及されている6つのRCT(ランダム化比較研究)について読んでいます📖
今回は2本目。クリスチャンスタッド大学グループのDr.Stefan Renvertの論文です。1本目に続いて、スウェーデンの研究です🇸🇪
この論文は、インプラント周囲炎の治療における骨補填剤・コラーゲン膜の効果を評価したランダム化臨床研究です。
BL(骨レベル)の変化に関しては、骨補填剤・コラーゲン膜の使用との相関性が見られました。ただし、BLの評価については骨補填材を用いた結果なので、著者自身も「真の」骨レベルではないと示唆されています☝️
インプラント周囲炎の治療結果の評価において、主要評価項目であろうと思われる「PPDの変化」や「BOP」に関しては、骨補填剤・コラーゲン膜の使用の有無では『有意差はなかった』ということも分かりました🤔
1本目に続いて、2本目も有意差なし。つまり、インプラント周囲炎における再生療法の有効性については「エビデンスはない」ということなのでしょうか。
とても、勉強になりました。
さて、続いて3本目の論文を読み進めていきたいと思います😊
2023年05月16日 16:09

読んだ論文からシリーズ📃

STUDY SELECTION.001

先日のカルカック先生の講演会で、インプラント周囲炎における再生療法について言及されている6つのRCT(ランダム化比較試験)について教えていただきました😊

その内容を、原本の論文を読みながら復習していきたいと思います。


まず、1本目はDr.Isehedの論文。スウェーデンのレンバート先生のグループの研究です🇸🇪
この論文では、主要評価項目であるBL(骨レベル)の変化に関してはエムドゲイン(再生療法薬剤)の使用は相関性が見られましたが、BOPやPPDの変化については相関性が認められませんでした。
BLの評価については、骨補填剤の使用状況について触れられていなかったので、議論の余地がある気がします🤔
インプラント周囲炎の治療結果の評価において、主要評価項目であろうと思われる「PPDの変化」と「BOP」に関しては、エムドゲインの使用の有無では『有意差はなかった』ということも分かりました☝️

スウェーデンのイエテボリ大学の研修以来、このように講演会の復習をしながら知見を掘り進めていくことは続けてきました。

その過程で色々なことが勉強できるので、興味深くて大切な作業です✏️
さて、次の論文を読み進めていきたいと思います!

2023年05月16日 16:01

福岡豊歯会40周年記念発表会

IMG_4713

皆さん、こんにちは!
週末は、福岡豊歯会40周年記念発表会でした。
福岡豊歯会は、実に臨床医4年目の頃から14年間お世話になっているスタディグループです。
なので、今回の発表会には思い入れも一入でした。
私は歯周病の症例についてプレゼンテーションさせて頂きました🦷

とても多くのオーディエンスが集まってくださったので、いい緊張感の中発表をすることができたと思います。
本当に多くの学びがあった発表会でした。

お世話になった皆さまに心から感謝申し上げます🤲
1年間準備をしてきたので少しホッとしているところですが、10月には横浜での大きな発表が待ち構えております。

せっかく与えていただいた機会なので、またそちらに向かって全力投球で臨みたいと思います😆

2023年04月25日 16:27

Dr.カルクアック講演会 @ 大阪

B82E5080-456B-4C36-92F3-659DBD47DDF6
皆さん、こんにちは!
日曜日に、オリビエール・カルクアック先生の講演を聴きに大阪に行ってきました🦷
カルクアック先生は、7年前に参加したスウェーデンのイエテボリ大学で行われた研修で教えて頂いた先生のお1人です🇸🇪
当時、私たちの質問にとても真摯に答えてくださり、とてもフレンドリーな先生だというイメージがありましたが、7年経った今でも、変わらず気さくに対応してくださいました😆
講演内容も大変素晴らしく、とても勉強になりました❗️
また、イエテボリでご一緒した先生方にも再会できて、とても充実した時間を過ごすことができました。スウェーデンでの研修が再開されたら、またイエテボリ大学で学びたいなと思いました😊
今日学んだことを、今日からの臨床に活かしたいと思います!
2023年04月10日 13:17

銀ソーダさんと一緒に・・・📷✨

DSC04739

皆さん、こんにちは!
 

桜も咲いてきて、いよいよ春ですね〜🌸

いつになっても、この季節はワクワクしてしまうものですね😆

 

「新しい季節なので、心機一転!」という訳ではありませんが、診療室に素敵な絵を飾らせていただきました✨

作家は、福岡のアーティスト『銀ソーダ』さん。
箱崎を拠点に活動されている若くてパワフルなアーティストです🎨
 

 

https://www.instagram.com/gin_soda_46/

 

https://www.facebook.com/ginsoda46/?locale=ja_JP

 

https://www.youtube.com/channel/UCx194XgLU8LOk1uDTdYL7pg

 

今回、作品の製作を依頼して描いていただきました😊

写真ではお伝えできないのですが、とってもパワフルで美しい作品です!
診療室の雰囲気も一気に変わって、絵の持つパワーに感激しております。
来院の際に、是非ご覧ください。

 

多くの方に見て頂けると嬉しいです✨
皆さまの次回の来院を、心よりお待ちしております♪

2023年03月27日 15:16

読んだ論文からシリーズ📃

STUDY SELECTION.001

皆さん、こんにちは!

今回の論文は、1991年にパパパノー先生が書かれた論文です。岡本浩先生のセミナーで教えていただいた論文を再度読み直してみました😊

歯周治療に介入しない場合、水平性骨吸収を起こしている歯牙と比べて、垂直性骨欠損がある歯牙においては、更なる骨喪失や歯牙喪失を引き起こす可能性が高いと結論付けていました。

垂直性骨欠損の程度が強いと、その傾向はより強くなります。

これらのことを鑑みると、垂直性骨欠損はそういった悪い徴候として捉えることができる。という内容でした☝️

臨床の現場でも、やはり垂直性骨欠損の部位は悪くなっていく傾向が見られます。

パパパノー先生がイエテボリ大学にいらっしゃるときに、ボルボの工場の社員を対象に行った研究だったと記憶しています。

とても勉強になりました~✨

2023年03月18日 16:21

3月衛生士勉強会

2023.3.16 DHM カリオロジー.001
皆さん、おはようございます!

昨日は3月の衛生士勉強会でした。
昨日からさらに新しい仲間も加わり、元気一杯の衛生士勉強会です😆

さて、昨日のテーマは「シンカリオロジー」でした。
カリオロジーというのは、日本語で言うと『むし歯の学問』です✏️

海外のカリオロジーを勉強すると、日本のカリオロジーには遅れているところが多く見受けられます。
僕たち歯科医療従事者でも、世界的な知見を見ると驚くことが多くあります。

2016年から続けてきた衛生士勉強会。
これまで7年間、歯周病治療を中心に勉強してきましたが、ここからはみんなで虫歯の治療についての知見も深めていきたいと思います😊

言わずもがな、スライドのメインタイトルは「シンウルトラマン」を参考にさせていただきました😅
来月のスライドもどんどん作っていこうと思います✊✊
2023年03月17日 09:49

Side Menu

モバイルサイト

医療法人 ニ三会 小川歯科医院スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

小川歯科医院|福岡市東区

ADDRESS:〒811-0213 福岡市東区和白丘3-21-22

TEL:092-606-8148

診療時間:【月・火・木・金曜日】 9:00 - 18:00 【土曜日】 9:00 - 16:30(昼休み 12:30 - 14:00)

休診日:水曜日・日曜日(※祝日のある週は、水曜日も診療いたします。)